出産・育児のサポート

7件中1~7件目

出産育児一時金

国民健康保険に加入している方が出産した場合に出産育児一時金を支給します。支給には、宇都宮市から医療機関に支払う方法(直接支払制度)と、加入者(世帯主)に支払う方法があり、出産前にどちらにするか選択していただきます。
なお、勤務先の健康保険など国民健康保険以外に加入している方につきましては、勤務先などにご確認ください。

お問い合わせ先:保険年金課 電話番号:028-632-2316

児童手当

児童手当とは,次代の社会を担う児童の健やかな成長を目的とした国の制度です。 【お知らせ】 ■「転入された方やお子さんが生まれた方へ」  事実があった日から15日以内に窓口で申請手続きをしてください。  手当は申請した月の翌月分からの支給となります。 ■「所得制限限度額」                                                  受給資格者の前年の所得(1月分から5月分までの手当については前々年度の所得)が,所得制限限度以上の場合の手当月額は,児童の年齢に関係なく、5.000円となります。 【手当の額について】  ・0歳から3歳未満:月額15.000円  ・3歳から小学6年生(12歳到達後の最初の年度末まで) 18歳到達後の最初の年度末までの児童から数えて、  第1子、第2子:月額10.000円  第3子以降:月額15.000円  ・中学生(15歳到達後の最初の年度末まで):月額10.000円 (注)所得制限限度額以上の受給資格者の手当月額は児童の年齢に関係なく、5.000円となります。

お問い合わせ先:子ども家庭課  電話番号:028-632-2387

こども医療費助成

病気の早期発見・早期治療を促し、子どもの健康増進や子育て家庭の経済的負担の軽減を図るため、中学3年生までのお子さんが、病気やけがで健康保険が適用になる診療を受けた場合の医療費の保険診療自己負担分を市が助成する制度です。

お問い合わせ先:子ども家庭課 電話番号:028-632-2296

養育医療(未熟児医療)給付

養育のため、病院または診療所に入院することを必要とする未熟児(出生時の体重が2、000グラム以下、または、生活力が特に薄弱であって、指定された症状を示す1歳未満の乳児)に対し、その養育に必要な医療(養育医療)の給付を行い、または、これに代えて養育医療に要する費用を支給するものです。

お問い合わせ先:子ども家庭課 電話番号:028-632-2296

小児慢性特定疾患医療費助成

18歳未満の児童が、慢性疾患のうち厚生労働大臣が定める疾患(14疾患群、704疾病)にかかった場合の医療費について公費負担するものです。また、本制度に付随する日常生活用具給付事業や県事業・在宅難病支援事業があります。

お問い合わせ先:子ども家庭課 電話番号:028-632-2296

療育医療給付

結核のため、指定医療機関にて入院治療を要する18歳未満の児童に対し、医療給付を行うもので、必要に応じ、日用品費や学用品を支給するものです。

お問い合わせ先:子ども家庭課 電話番号:028-632-2296

宮っ子ふれあいブック事業

1歳6か月児健診時に、家庭での読書のきっかけ作りと、親と子が楽しいひと時を過ごせるよう、読み聞かせの体験と、おすすめ絵本のリスト・図書館利用案内・子育て支援事業パンフレット等が入ったパックをお渡しする事業です。

お問い合わせ先:生涯学習課(中央図書館) 電話番号:028-636-0231